急激なダイエットはリバウンドが起こるから気を付けなきゃね

2017年10月24日

リバウンドは怖い

ダイエットしてもリバウンドは怖い


そもそもリバウンドって何故起こるのだろうか?

そのメカニズムを調べてみまいた。

 食事制限のダイエットで摂取カロリーを抑える。
  ↓
 痩せる(脂肪量、筋肉量ともに減少)
  ↓
 ダイエットで筋肉量が減っているので基礎代謝量が減る。(基礎代謝量は、筋肉量に比例する。)
  ↓
 ダイエットを止める(以前の食事にもどる)
  ↓
 基礎代謝量が減っている分、以前と同じ食事をするとカロリーオーバーになる。
  ↓
 もとの体重にもどっても、脂肪が多く筋肉が少ない体になる。
  ↓
 初めにダイエットをしたときよりも、筋肉量が少ない分基礎代謝が悪くなっているので痩せにくい体になっている。
  ↓
 また食事制限のダイエットをする。
  
★ これを繰り返すことによって、太りやすく痩せにくい体質になってしまう。


リバウンドしないダイエットのポイントは、筋肉量にあるみたいです。だからダイエットをするときは同時に筋力トレーニングもしなければならないことになるのですが、これがなかなか大変で続かないんですよね。

運動好きな人なら話は別ですが…。そもそも肥満になるって運動が苦手か嫌いな人が摂取カロリーオーバーでなりやすいんだから、運動をしろっていうほうが無理があるんじゃないかな?

私の場合は、毎日こつこつ100gダイエット。短期集中でなく、毎日こつこつ太らない生活を心がけています。

例えばちょっとしたこんな工夫
↓↓
朝食は必ず摂る。

これって単純なようでとても大切です。
“朝食を食べている人の方が痩せている”という統計もあるそうで、不規則の食生活こそ肥満の原因になるようです。
ダイエットは単に摂取カロリーを制限すれば良いというものではなく、いかに体が快適であるのかが大切のようです。空腹感(飢餓感)は自己防衛反応により脂肪をためこみやすい体質にしてしまうことがあるようなので、気をつけなければ…。 ネ。

スポンサードリンク




2007年10月09日

ダイエットは簡単、リバウンドは怖い。

ダイエットって、こんなに簡単だったのですね。ヾ(◎ロ◎)ノひょえぇ〜 

【フォトショップの威力】

こういうのを見てしまうと、良く雑誌とかの広告に載っている「ダイエット前、ダイエット後」の写真がいかに当てにならないかが良くわかりますね。

プロにかかれば、写真の補正なんて朝飯前なんですね。

○○がダイエットに良いなんて言って、体験談とか写真とかよくあるけど、ホンと気をつけなければを思わされます。

ダイエット人気ランキング
フードスイーツドリンクサプリメント器具ウエア

ダイエットをしても、リバウンドをしない体にする為、急激に体重を落とすことは避け、一ヶ月5%以下をめどにコツコツ続けるようにしたいものです。。

------------------------------------------------------------------

2007年09月27日

肉に湯通しでカロリーダウン

ダイエットのひと工夫


お肉は美味しいけれど、やっぱり油が気になります。

ちょっとした工夫で油を落とそう!

・熱湯をかけて、湯通しをします。(アクヌキも一緒にできます。)
・下ゆでする。(片栗粉をまぶしてから下ゆでするとお肉をやわらかくする効果もあります。)

私は毎日こつこつ100gダイエット。リバウンドはしたくありません。

2007年09月18日

楽してダイエット

楽してダイエット


ダイエットを成功させるコツ
・一発で決める ⇒ 単発ダイエットを繰り返すとリバウンド
          (太りやすく痩せにくい体質)してしまう。
・頑張らない  ⇒ 頑張ってやるとその時は良いが、後が続かない。
・コツコツ続ける⇒ 長期に渡って理想の体形を保つことが前提。
          (短期集中で痩せても、数年後太っていたら意味がない)
・一日三食とる ⇒ 食事数を減らして飢餓感を覚えると、自己防衛反応
          で、体内に脂肪を溜め込もうとする働きが起ってしまう。
          (特に、朝食は絶対必要)



毎日コツコツ継続的にやる方が、確実で結局一番楽。


例えばちょっとしたこんな工夫
↓↓
食事は温かくしてから食べる。

単純なことだけど、これってすごく重要です。
冷めたものをそのまま食べるのと、温めてから食べるのでは消費エネルギーが全然違います。

食べながら即ダイエット。
ダイエットは続けてこそ意味があると思います。 (楽してね o(^∇^〃))

2007年08月16日

砂糖と油は一緒に使わない

ダイエットのひと工夫


砂糖はダイエットの大敵
油もダイエットの大敵

です。

でもでも!

もっと大敵なのは、砂糖と油を一緒に摂ること。

別々に摂ったときと比べて体脂肪のつき方が全然違うそうです。

お砂糖をとるときは油を減らし、油をとるときはお砂糖を減らすことが大切ですね。
タグ:ダイエット

2007年08月15日

グレープフルーツの香りに包まれて…

グレープフルーツ・ダイエット


グレープフルーツの香りに包まれて…

やっぱりグレープフルーツはダイエットに利きますよ。(≧∇≦)~~*

でも俗にいう“グレープフルーツダイエット”とは違います。

だって、あれって単品ダイエットだから…。私は単品ダイエットは嫌いです。毎日同じものばかりじゃ飽きちゃうし、(飽きる⇒続かない⇒リバウンドがく〜(落胆した顔))ダイエット中だっていろんなもの食べたいでしょ。

グレープフルーツは、その香り成分(ヌートカトン と リモネン)がきくのだから、エッセンシャルオイルで十分だと信じています。

ちなみに
・ヌートカトン → 脂肪を燃焼させる
・リモネン   → リラックス効果(血行促進)
だそうです。

何もしないで香りを嗅ぐだけで痩せられるなんて、まさに私の理想です。

頑張らない、一生懸命にならない、だけどコツコツと。

楽して継続できることが一番ですよ。

2006年11月13日

とんかつは揚げますか?焼きます?

ダイエットのひと工夫


とんかつは揚げてますか? 焼いていますか?

ダイエットの大敵は何といっても “砂糖と油” ですね。

砂糖はオリゴ糖を使うことによってある程度、解決できますが油はなかなかやっかいです。

最近はスチームレンジがあるので、油落としに活用させています。

スチームレンジを使わないで、とんかつを食べたいときはずばりフライパンで焼いちゃいます。焼いても結構いけるもんです。揚げるよりかなりの油をカットできます。

リバウンドしないように、毎日こつこつ100gダイエット。


2006年11月12日

大切なのは二度と太らない体になること。

ダイエットで大切なのは二度と太らない体になること。


“短期的なダイエットは必ずリバウンドする。”

リバウンドすると

痩せにくい体→太りやすい体
の連鎖が始まって一生肥満に悩むことに繋がりかねないので、
私は、毎日こつこつ100gダイエットをします。

続けて安心、毎日の生活がダイエット。ちょっとした工夫を続けること大切だとおもいます。

<簡単なちょっとした工夫>
砂糖の代わりに オリゴ糖 をつかう。

何気ないことだけどこれとっても大切です。

オリゴ糖は単にカロリーが低いというだけでなく、大腸にまで届き腸内に住む善玉菌のえさになってくれるそうです。

結果、腸内バランスも整い便秘の解消にもなるしお肌もツルツルになります。

無理な食事制限のダイエットをすると栄養失調になるので、肌もカサカサに荒れてしまうし、食べないから余計便秘にもなりますよね。


私は健康第一で考えているので、砂糖の代わりに毎日こつこつオリゴ糖をとっています。

2006年11月11日

リバウンドしないために。

ダイエットでリバウンドしないために。


ダイエットをするには、こつこつと毎日の積み重ねが大切。

そう思っているので、短期集中型のダイエットはやらない様にしています。

○ヶ月で△?痩せた! とかよくあるけど、

そういうのって必ずリバウンドするから怖いです。

確実に痩せるには、毎日こつこつ長期にわたって無理なく続けられるようにしないとね。

そこで、ちょっとひと工夫

毎日使う食器を食器棚の一番上のしまっておく。

毎回出し入れをする度に全身ストレッチ、背伸びをするので、ふくらはぎも鍛えられます。

ダイエットが生活の一部になっているって、良いですよね。

無理しなくても、日々の生活が自然とダイエットになっている。
私の理想です。

2006年11月09日

左手で箸を持って食事をすると痩せられる?

ダイエットの工夫


左手(利き手の反対の手)で箸を持って食事をすると痩せられる?

『食べにくいので、食事の時間が長くなり、いつもより小食になる。』

と聞いたので実際やってみたら、



イライラしてすぐに挫折。ふらふら

短期な私には合わないみたいです。


なんだか味までいつもと違うような気がしました。


イライラ→挫折 いけない、いけない。

のんびりあせらず、確実に。 

それが、リバウンドしないダイエットの大道かな。

2006年11月08日

二重顎(あご)って気になったことありますか?

ダイエット失敗


二重顎(あご)って気になったことありますか?

しょうゆの空き容器を顎(あご)のタルタルの部分に吸引してくっ付けてみました。

“プチ吸い玉”です。

取った後少し紫色になって内出血してしまいました。

もうやらない。

たまには、遊び心も大切です。ちょっとは息抜きもしなくちゃね。

停滞期って必ずあるから、そういう時はあせらずじっと時がたつのを待つのが良いです。

あせって、無理すると結局続かないし、その後のリバウンドはもっと怖いですからね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。